むちうち慰謝料の相場に関して

実は意外と交通事故の慰謝料の相場というのはある程度しっかりとしており、それはむちうち慰謝料もそうなのです。まず、 自賠責基準の慰謝料ですが、これは実通院日数にかける2をするか治療期間のどちらか少ない方に4200円を乗じる、ということになっています。実にわかりやすく、これは明快といえます。

肝心のまた、120万円が慰謝料を含む賠償額の総額が120万円を超えないことです。超えた場合は任意保険の基準で算出していくことになります。そして任意保険の基準ですがこれは入院していた期間、通院していた期間によって算出されます。

むちうち慰謝料の相場を知って参考にする

後ろから追突を受けた、衝突の強い衝撃を受けた、などの交通事故が理由で、むちうちの障害を負う人は実に多いです。被害者の体つきや事故の度合いによって、むちうちの度合いも変わってきますので、その人が受ける精神的な苦痛の対価として支払われるむちうち慰謝料も個々で変わってきます。

しかし、その金額の判断に用いられる基準によっては相場が決まっているので参考にすることができるでしょう。入通院していた日数が最低限必要になり、むちうちの度合いが考慮される基準もあります。また弁護士に依頼するのであれば、以前に起こった同じような事故の事例も参考に計算してもらえます。

むちうち慰謝料の相場内容について

むちうち慰謝料の相場の内容については、さまざまな事例がありますので、一概にはいうことができません。いずれにおいても慰謝料の基準が決められていますので、その基準に応じて被害者側に慰謝料が支払われるようになっています。

裁判所の判例を基準にした一番高い基準での弁護士基準や、任意保険や自賠責保険を基準にした基準があります。この基準で少しても高い基準での慰謝料を受け取りたいのであれば、弁護士に依頼をおこなうことで実現される可能性が高いでしょう。交通事故弁護士に依頼することで、少しでも高い基準が支払われると良いですね。

むちうち慰謝料での相場について

交通事故にあった際において、むちうちの症状だと軽視してしまいがちですが、重症になると後遺障害として苦しむようなケースも出てきます。そうしたことを踏まえて、はじめのうちからしっかりと病院に通う事は大切なことでしょう。

そうした治療費などからにおいても、むちうち慰謝料の相場が大きく変わったような事例もあるようです。正当なむちうち慰謝料を受け取りたいのであれば、病院を通ったりなどの必要な事は必ずおこなっていくようにしましょう。また、不安や疑問が多く残るようであれば、交通事故が専門の弁護士に相談を行うようにしましょう。

むちうち慰謝料はどんなものか

むちうち慰謝料は交通事故に遭った際に請求できる一つで、事故の怪我の症状にむちうちというものがあります。車の追突事故などの衝撃が強い場合に起こることが多く、首に負担がかかって損傷してしまう症状です。医学的には頚椎挫傷、頚椎捻挫や外傷性頚部症候群などと呼ばれます。

慰謝料の請求を自賠責基準で行う場合、相場によると通院日数の2倍か、通院期間の少ない方を自賠責基準の日数として慰謝料を算定します。任意保険基準の場合は治療期間の日数などを判断材料にして、同様のケースの相場や過去の事例を見ながら判断して金額を決めます。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について