むちうち慰謝料の相場を考える

交通事故の中でも多い怪我の被害としてむちうちをあげることができます。このむちうちについては、交通事故の際の衝撃で首などを打ってしまい、のちに痛み出す症状を言います。人によっては後遺症として後々まで症状が続いてしまうような人もいるようです。

そうした症状によっても、むちうち慰謝料の相場は変わってきます。症状によっては仕事を休むなども余儀なくされますので、そうした場合においても慰謝料がかかってきます。慰謝料は事例や症状などによって変わりますので、まずは専門の弁護士に相談をし、相場を教えてもらうことが一番良いでしょう。

弁護士へ依頼をして相場より高いむちうち慰謝料を受け取る

追突など交通事故での強い衝撃が原因で、むちうちを患うことがあります。弁護士基準によるむちうち慰謝料の相場は、自賠責基準や任意保険基準よりも高くなる傾向にあり、100万円以上も差が出る事例もあります。むちうちに限らずほかの怪我でもそうですが、痛みや通院などで家事や仕事に支障が出た分の損害に対して、交通事故慰謝料として請求することが可能です。

ただし、加害者や相手の保険会社が正当な言い分であると交渉を受け入れてくれることが前提となります。そのためには、診断書を用意するなど事前の準備が大切です。治療に専念するためにも、弁護士に依頼して示談交渉の準備をしておくとスムーズに進められるでしょう。

むちうち慰謝料を相場より多く受け取りたいとき

交通事故慰謝料を相場より多く貰いたい場合、過去の事例を参考とする弁護士基準で請求をするとよいでしょう。特にむちうち慰謝料など後遺症がある場合には、最終的に受け取る金額に倍近く差が出たケースもあります。注意しておきたいのは、交通事故が原因によるものでないとされてしまう場合です。

始めに検査を受ける際にレントゲン検査などをして、因果関係を明らかにしておきましょう。後遺障害認定の取得には、整形外科での後遺障害認定書が必要になります。また、通院頻度が少なかったり途中で治療を中断してしまうと、症状が悪化してしまう危険があるだけでなく、後遺症と認められないこともあります。

相場が高いのもむちうち慰謝料にありがち

思っていた以上の金額を支払うことになり、明らかに高いようなイメージを持ってしまうこともあるでしょう。実際にむちうち慰謝料は高い傾向が出ており、相場よりも高い数字を要求される可能性も高くなっています。事例が影響していることで、本来ならそこまで考える必要が無いと思っていたら、以外と影響が強くなっていることもわかっていくのです。

本当に金額が正しいのか考えていくなら、相場をチェックするようにしてください。そして事例によって少し変わっていくと考えて、むちうち慰謝料を計算してもらうのです。意外と高くなってしまうのは仕方ないことです。

相場が厳しいむちうち慰謝料

相場が結構厳しい傾向にあるのも、むちうち慰謝料に出ている問題です。これまでの事例から、多少増やされている部分もありますが、あまり劇的に増えている印象がないために、これでは少ないと感じてしまうことが多くなってしまうのです。

できることなら、金額が増えるように調整したいところですが、弁護士としては相場範囲内で終わってくれたほうが良いと思っています。むちうち慰謝料を増やすためには、何か追加できるような事例がなければなりません。金額面で良いように感じられるよりも先に、今後に向けて何か重大な問題のある状態だと認めてもらうのです。

交通事故慰謝料の相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/