交通事故による慰謝料と通院日数

By | 2015年10月8日

怪我の程度だけでなく、病院に何日通院したのかという事は、交通事故の慰謝料を決定する際に大事な要素になってきます。

交通事故による慰謝料ははっきりとした金額を出す必要がありますが、通院日数というのははっきりしていますので、計算すると納得する人も多いのではないでしょうか。

つまり、交通事故による慰謝料は、通院日数が多ければ多いほど、高くなる傾向にあります。

交通事故では整形外科などに通わないといけなくなる事もありますが、整形外科の通院は長引く事もあり、その場合には慰謝料に反映されます。ですので、交通事故で通院する事になれば、領収書などはしっかりと残しておくと慰謝料請求の際に活かせるでしょう。