交通事故弁護士に相談したい慰謝料金額

交通事故は確実になくす事はできませんが、事故の多い大阪でも普段の心がけで大幅に減らす事はできるでしょう。

事故の多い大阪でも交通事故をなくすために大切な事は、自分がまず交通ルールを守る事ではないでしょうか。自分が加害者になるのを防ぐ事ができるばかりか、被害者になる可能性も減らす事ができます。

交通事故が起こってしまうと金銭的な負担だけでなく、怪我をしたり、時には命を落とす事まであります。何としてでも交通事故は避けたいものです。

車を運転している時だけではなく、自転車に乗っているや歩いている時にも要注意です。

もし交通事故に遭って怪我を負わされた場合は、怪我を負わせた加害者に対して損害賠償金を請求できます。

損害賠償金には治療費や病院への交通費などの他に怪我を負って入院や通院を余儀なくされることや、怪我の治療の甲斐なく後遺症が残り、今後の仕事などに支障を来たすことに対しての精神的な苦痛をお金に換算した慰謝料も含まれることになります。

加害者側から提示された損害賠償金の金額に不満がある場合は、大阪の交通事故弁護士などに相談をしてみましょう。状況によっては示談交渉を交通事故弁護士に代理人という形で一任することも可能ですので、満足できる結果を得られることになります。

交通事故で一番恐ろしいのは複数の人が同時に命を失う事があるという事ではないでしょうか。しかも、交通事故が起こるのはほんの一瞬の事です。特に車や電車、飛行機などたくさんの人が乗れる乗り物は一度交通事故になると、大きな事故に発展してしまう事もあります。

普段から事故が起こらない様にしっかりと注意しておく必要があります。

交通事故が一番起こりやすいのは油断をした時だそうです。決して油断する事なく、常に運転に集中する必要があります。

交通事故が起こってしまってからではどうする事もできません。しっかりと注意しましょう。

交通事故弁護士の探し方

交通事故に遭ってしまったとき、示談交渉などの各種対応を任せることが出来るのが交通事故弁護士です。しかし、弁護士への伝手が無いのでどこへ頼んだらいいのかわからないという人も多いでしょう。手軽なのはインターネット検索です。

近年電話やメールでも無料相談を受け付けているところが増えているため、依頼前に予算や対応をチェックすることができます。地域の相談窓口では、近くの弁護士事務所を紹介してもらえます。任意保険に加入している場合、交通事故弁護士の紹介や費用を一部負担してくれるサービスが受けられることもあります。

示談前に相談しておきたい交通事故弁護士

交通事故に巻き込まれた時、通常は事故相手や保険会社と示談の話し合いを進めますが、交通事故弁護士に依頼した方が良い場合もあります。例えば後遺障害が残ってしまったとき、障害等級認定されればその分を加味した慰謝料額を請求出来ます。

相談や弁護を依頼する場合は、必ず示談前に依頼をしておきましょう。また、自分や家族が加入する任意自動車保険に弁護士費用特約がある場合は、保険から弁護士費用が支払われますので、弁護士費用倒れになるリスクがありません。事故後すぐに保険会社と連絡を取り、交通事故弁護士に依頼しておくと良いでしょう。

交通事故弁護士に慰謝料の支払い時期について相談

交通事故で怪我をした場合、仕事を休むことになって収入が減ったので交通事故慰謝料の支払い時期が気になるという方も多いのではないでしょうか。一般的な支払い時期は、後遺障害などの被害が確定し、治療完了後の示談が成立した後に支払われます。

そのため、事故発生から数ヶ月後してから支払われることも珍しくありません。保険会社が提示する金額に同意すれば比較的早く支払われますが、相場よりも低い金額の場合もあるため注意が必要です。さらに、示談成立後は本来請求できた慰謝料であっても追加請求が難しくなります。相場や手続きに関して不安な点があるなら、交通事故弁護士に相談して交渉をするのが良いでしょう。

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について