交通事故弁護士への依頼

弁護士に依頼すると慰謝料や損害賠償金の大幅な増額を見込むことができます。
あくまでも保険会社は加害者の味方です。
保険会社や加害者にとって都合のいい金額ではなく、妥当な金額を支払ってもらうためには専門的な知識のある弁護士に交渉してもらうのが一番です。
専門的知識のない一般人には難しい交渉となりますので、弁護士に相談することが納得のいく解決の近道となります。
弁護士に依頼するとお金がかかるイメージがありますが、弁護士に依頼して慰謝料が増額した分、弁護士に支払ってもプラスになるかが判断基準になります。

傾向としては
・通院期間が半年以上
・後遺障害が14級以上

といった条件が弁護士に依頼する判断基準となってくるようです。
まずは弁護士による無料相談へ行ってみましょう。