交通事故弁護士への依頼

弁護士に依頼すると慰謝料や損害賠償金の大幅な増額を見込むことができます。
あくまでも保険会社は加害者の味方です。

保険会社や加害者にとって都合のいい金額ではなく、妥当な金額を支払ってもらうためには専門的な知識のある弁護士に交渉してもらうのが一番です。
専門的知識のない一般人には難しい交渉となりますので、弁護士に相談することが納得のいく解決の近道となります。

弁護士に依頼するとお金がかかるイメージがありますが、弁護士に依頼して慰謝料が増額した分、弁護士に支払ってもプラスになるかが判断基準になります。

傾向としては

  • ・通院期間が半年以上
  • ・後遺障害が14級以上

といった条件が弁護士に依頼する判断基準となってくるようです。

まずは弁護士による無料相談へ行ってみましょう。

交通事故弁護士に依頼するべきメリット

交通事故を起こしてしまった、または巻き込まれてしまった際に必要な手続きでは、思いもしない問題にぶつかる場合があります。それはご自身で対応するには非常に負担となる労力を強いられます。

そして事実関係や過失割合の確認、保険会社とのやりとり、交渉など知識が必要な場面が多くあるのです。そういう場合、必要以上に不利にならない為にも専門家に助けを借りるのが安心です。このような時に依頼できるのが交通事故弁護士で、保険会社との交渉や訴訟に至るまで全てを任せることができ、精神的にもとても頼もしい存在になってくれます。このように、専門家である交通事故弁護士に任せることでスムーズに解決へ向かわせることができるのです。

良い交通事故弁護士を見つけたい

交通事故に遭ってしまった時、しっかりとした交通事故弁護士に依頼することをおすすめします。示談交渉は事故後すぐに開始しますが、加害者はすぐに合意をしたいし、被害者はなるべく先延ばしにしたい喉など、思惑にずれが生じます。

その結果、裁判にまでなってしまうケースもありますが、時間も費用も掛かる裁判は避けたいです。交通事故の90%は示談で解決していると言われています。信頼できる弁護士なら必要以上に問題を複雑化させることなく、しっかり対応してくれるからです。結果、以来の費用よりも費用も時間も無駄にせずに済むでしょう。

交通事故弁護士を上手に活用する方法

交通事故の相談を行う場合、弁護士を活用するのが得策ですが、場合によっては、費用がかさむだけで損をする可能性もあります。事故の大きさや内容によっては、交通事故弁護士に依頼をして、加害者側と示談などの交渉をしてもらうことで、賠償金や慰謝料額を増やすことができますが、軽めの人身事故などの場合は、弁護士にかかる費用の方が上回ってしまうことがあるのです。

そのため、事故に遭遇してしまうことに備えて、任意保険に加入する際は、弁護士特約に注目して加入するのが理想です。また、すぐに交通事故弁護士に依頼するのではなく、無料相談でそれぞれの相場の金額を確認しておくことで判断基準にすることができます。

交通事故弁護士に頼むメリットについて

もしも、あなたが車の免許を持っていて車を運転するのであれば、事故を起こす確率は必ずあります。事故を起こしてしまうとパニックになったりして、つい何をしていいかわからなくなる方が多いです。

事故を起こす前にしっかり考えておけば、いざと言うときに役立ちます。交通事故弁護士を頼むタイミングは事故直後、自分の治療が終わった直後などです。しかし、重症で自分では頼めない時には家族などに直ぐに弁護士に依頼するように頼んでおくことをお勧めします。後遺症認定後や示談書締結後に弁護を頼むのは遅すぎるので、くれぐれも気をつけておいてください。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について