交通事故弁護士

交通事故はとても痛くてつらいものです。しかし、その慰謝料がずいぶん安すぎたらどうでしょう?「自分の命はこんなにも安いものなのか?馬鹿にしやがって」と情けなくなってしまいます。しかし、実際に相手方の保険会社から提示されるのはそのような金額です。

それはなぜかを知っておくと便利です。実は慰謝料の算定基準が違うからです。各保険会社から提示される金額は任意保険会社基準といいます。たいていはこの金額ですが、これは各保険会社が独自に決めているだけです。一方、交通事故弁護士に相談すると、金額が高くなります。なぜなら、その金額は実際の裁判の判例を基にした金額だからです。納得できないと思ったら、交通事故弁護士に相談すると良いです。

関連

交通事故弁護士に依頼するメリット

交通事故弁護士に依頼をするメリットは、慰謝料の増額だけではありません。慰謝料請求や示談交渉に関する手続きを代行してもらうことで、怪我の治療に専念したり休息を取ったりする時間が生まれます。

また、示談の難航や事故後のショックで、加害者とのやり取りに強いストレスを感じることもあるでしょう。交通事故弁護士に間に入ってもらうことで、直接加害者と接触しなくても自分の意思を伝えることができます。その他、障害等級の取得をサポートしてもらえることもあります。むちうちなどの後遺障害が残った場合などに適用されます。もしも事故に遭遇してしまったら、速やかに相談しましょう。

事故の相談なら交通事故弁護士

交通事故弁護士に相談することで有利になることのひとつに、最終的に支払われる賠償金が増額することがあげられます。交通事故の被害に遭って、損害にかかった賠償金や慰謝料を算出するには計算方法が決められており、弁護士基準または裁判基準が1番高いとされています。

保険会社側が提示してくる額は自社基準で算出した額であり、基本的には自賠責の基準よりも多いけれど、弁護士基準よりは低い賠償額となります。弁護士基準は法に基づいて計算され、裁判を前提とした金額になります。また、裁判をした場合には弁護士の費用なども加算されるため、当然増額になることが予想されます。

交通事故弁護士ってなに

物騒になっている世の中です。どんなに気をつけていても交通事故というもの起こってしまう可能性があり、いつ自分に降りかかる事案になるか分かりません。そこで、万が一交通事故が起きた場合に備えて最寄り、もしくは交通事故について詳しい交通事故弁護士の方とすぐに話せるように知ることが重要になります。

弁護士の方にどのような状況かを伝えられます。金銭のトラブルなど様々な対処を親身に聞いてもらえます。弁護士を立てるか立てないかという差だけで、裁判に勝つことも負けてしまうことにもなってしまいます。弁護士はネット無料の相談などもありますので、いざという時は頼りにしましょう。

交通事故の慰謝料交渉に利用する交通事故弁護士について

交通事故にあって怪我をして被害者となった場合、相手方の保険会社との慰謝料の交渉が早い段階から始まります。たいていの場合、相手方の保険会社の提示する慰謝料は交通事故の裁判判例よりもやすい場合がほとんどです。

しかし個人で交渉するのは難しいのが現状です。そのような場合に弁護士に依頼して交渉を進めてもらうことが正しい判断になります。交通事故交渉に詳しい交通事故弁護士に依頼することにより弁護士基準をもとにして交渉をしてもらえば多くの場合、保険会社の提示額よりも多いです。交通事故慰謝料は交通事故弁護士に依頼して安心した交渉を行う事が重要です。

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について