交通事故慰謝料と精神的苦痛

交通事故慰謝料に関する相談はプロの弁護士にするのがオススメです。
交通事故の被害回復と言えば、事故の治療費のみだと思われていますが、いわゆる精神的苦痛の解消として、慰謝料請求権が認められています。

加害者から威圧的な態度で示談を持ちかけられた、脅迫めいた言動で脅かされた等、
交通事故の本件とは別に、精神的苦痛を伴う恐怖の体験を負った場合は、必ずその旨を弁護士にカミングアウトしましょう。

加害者が厄介なモンスタータイプのパーソナリティだった場合、
慰謝料請求や交渉が個人では難しくなりますので、二次被害を予防するためにも、早めの相談が肝心です。

裁判基準なら交通事故慰謝料も増額に

交通事故の被害で命をおとしたり、大きな損傷をうけた場合でさえ、自賠責保険では納得できる十分な慰謝料が支払われないものです。そのため全国には交通事故を専門とした被害者のための弁護士が存在しており、無料相談で応じているケースが多くあります。

一般の法律家とちがい、事故による医療知識が豊富で保険に関することも熟知しているものです。そのため専門の弁護士であれば、保険会社の慰謝料金を裁判基準で増額させることが可能になります。ですが示談に応じた後では覆すことができなくなりますので、示談する前の対策が重要です。

交通事故慰謝料の基準をあげたい

交通事故の被害者側になった場合において、なんらかの被害を受けることがあるでしょう。そのような場合において慰謝料が支払われることとなりますが、その場合において基準がいくつかあることを知っていますか?そのなかでも弁護士の基準が一番高いものとなり、多くの慰謝料を受け取ることが可能になります。

交通事故の被害者になってしまった人のなかには、この事実を知らずに低い金額で受け取ってしまう人もいます。このような事態を避けるためには、事故の案件を得意としている法律事務所や弁護士を探し、依頼することをおすすめします。

交通事故の慰謝料基準について

事故の慰謝料についてはいくつかの基準がありますので、それによって大きく金額が変動することがあげられます。事故の慰謝料の金額については、誰もがあげたいと思っていますので、そのようなケースにおいては弁護士のような法律家に依頼することが一番でしょう。

法律で定められているなかでも、裁判所の基準が一番高いことが言えます。代わりに交渉してもらったことで、倍以上の金額を受け取った事例もあるほどです。少しでも高い金額を受け取りたいようであれば、交通事故を得意としている弁護士に依頼することが一番と言えるでしょう。

交通事故慰謝料の相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/