交通事故慰謝料は通院日数で計算される?

交通事故慰謝料は、通院日数が長いほど高額になる傾向があります。自賠責基準では、通院日数と入院日数をあわせた日数に2をかけたものと、実際に治療にかかった日数を比較して、少ないほうに4200円をかけて計算されます。任意保険基準では保険会社が独自に設定している基準で計算します。

弁護士に相談をした場合の慰謝料は、自賠責基準、任意保険基準よりもさらに高額になる傾向があります。増額される金額がわずかではあまりメリットがないですが、場合によっては2倍、3倍にまで増額されることもあるので、弁護士に相談だけでも受けておくことはおすすめできます。

交通事故慰謝料と搭乗者保険の関係とその事例について

交通事故でけがをした場合は、自損事故の搭乗者であっても、自賠責保険から交通事故慰謝料を含む給付が受けられます。別の車からの加害によって被害を受けた場合と、自賠責からの交通事故慰謝料を含む給付金の扱いは同じです。

ただ、自損事故の運転者には支払われません。任意保険会社の搭乗者保険の場合は、自損事故を起こした運転者にも保険金が支払われますし、搭乗者が運転者とどういう続柄であるかによって、給付金が変わる事例が多いです。

 自賠責保険の基準はひとつですが、任意保険会社のおこなっている搭乗者保険の場合は、任意保険会社ごとに基準がまちまちであり、かなり複雑でもあります。また、搭乗者にも補償をする保険は、他の保険とセットになっていたりすることが非常に多いため、加入していたことを忘れてしまっていたり、認識していなかったりする場合もあります。

実際に、その保険をかけてある車で交通事故に遭って、搭乗者がけがをした場合であっても、加入者が、その保険を使えることを気づかずじまいで終わるという事例もあるようです。加入している保険会社が万事把握しているから、と安心せず、必ず保険を見直して、搭乗者の保険が使えるかどうか確認することが大事です。

交通事故慰謝料は弁護士基準が高額になります

後遺障害というのは 、障害が直った後でも体に残っている障害の事です。交通事故で後遺障害 が残った場合は、等級に応じて保証金が支払われます。等級は第1級から第14級まで設定されています。14級の獲得は、加害者の側の保険会社がおこなうのが通例です。

そのため、書類の書き方しだいで、等級が認められなかったり、低い等級になってしまったりすることが多いです。交通事故慰謝料が弁護士基準にする事で高額になるのと同じように、後遺症の障害も、弁護士に相談をして弁護士基準にする事で不当に低い等級や、保険会社によって認められないなどから逃れる事が出来ます。

交通事故慰謝料の参考は過去の事例

交通事故慰謝料を請求されてしまったときに適正な慰謝料の金額というのはあまりわからないかと思います。そのようなときの判断材料になるのが過去の事例です。自分が遭遇した交通事故と類似した交通事故というのは必ずあるので、過去の話し合いで決定した慰謝料の金額などを参考にすることで、自分が払うべき慰謝料がいくらなのかということがおおよそわかるのです。

しかし、素人だけで判断しようとしてもトラブルに発展してしまうことが多くあるので、弁護士などの専門家に話し合いを仕切ってもらうように依頼をすることをおすすめします。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041