交通事故慰謝料

交通事故の怖さは、大怪我をしたり、亡くなってしまう可能性が高いということです。
運が良くで命に別状はなくても、大怪我で入院しなければならない場合もあります。

もし、あなたが入院しなければならない場合、あなたや家族の生活が大変になるかもしれません。

また、退院してからも通院しなければならない場合もあり、費用もどれだけ必要になるのか分からない事も多いです。
このような場合、保険会社はできるだ早く示談したいと考えていますので、悩んだときは交通事慰謝料の相談をしてください。

弁護士ならあなたの為に交通事故慰謝料をきちんと請求してくれます。

関連

交通事故慰謝料は3つの基準で計算されます

交通事故慰謝料は3つの基準で計算されます。その中で最も低い金額を提示してくるのが、自賠責で最も高額なのが弁護士です。この2つの計算方法では、倍以上の差が生まれることもあります。自賠責は事故を起こすと、すぐに対応してくれて一番初めに提示される金額となっていますが、愛車の修理も出来ないような金額で、納得の行かない場合は弁護士に相談をして、交通事故慰謝料を引き上げるようにしてください。

相談をすればすぐに、計算をしてくれて提示されている金額が妥当かどうか判断してくれます。保険会社との交渉も代理で行ってくれるので、とても便利です。

交通事故慰謝料はなんでこんなに基準が違う?

交通事故慰謝料は自分で保険会社に請求をした場合と、専門家に依頼して請求した場合では大きい時ですと、3倍以上の差があることをご存じでしょうか?自分で請求をして思ったよりも少なかった場合には「こんなもんか」と納得してしまうのではなく、その価格で交渉する前に専門家に依頼してみてください。

なぜかというと、専門家は弁護士基準というものを使用することができるのです。こちらは過去の事例をもとに、金額など交渉していく交渉術のことで、赤本や青本の参照にもなっているものです。提示された金額に納得できなかった時には「この事例ではこうだったので、これだけの金額をもらうことができる」といった風に交渉を進めていきます。

交通事故の慰謝料額を裁判基準にするために

交通事故により被害を被った場合、加害者側の保険会社の提示する慰謝料を受けることになりますが、特に大きな事故により死亡や入院や通院が長くかかるケース、また後遺障害認定がでている場合でさえ、自賠責保険では満足に支払われないことがあります。

この場合、被害者を全面的に支えてくれる交通事故専門弁護士に依頼することで、裁判基準の相場で引き上げられる可能性が高くなります。後遺障害認定や入通院慰謝料に対し、大幅な増額が期待できるものです。そのため、承諾する前に専門性が高い弁護士へ一度相談することをおすすめします。

交通事故慰謝料の請求について

交通事故慰謝料は交通事故で相手にけがを負わせたり、精神的苦痛を負わせた場合に発生する損害賠償金のことです。交通事故慰謝料は自賠責基準や任意保険基準よりも高額になることが多く、その基準額を知っていることが必要です。

事故の被害者になった場合、保険会社の提示する金額に納得がいかない場合は弁護士基準での交渉が可能な弁護士に相談することが早期解決への近道です。弁護士に相談することにより高額な慰謝料を相手に請求することが可能となります。インターネットなどで詳しい記事の記載があるのでそちらも参考に調べてみるとより理解が深まります。

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について