交通事故相談で多い慰謝料とは?

交通事故にあったとき、治療費や入院費などの実費を加害者に請求できることは多くの人が知っています。また、会社を休まざるを得なくなった場合には、休業損害も請求できます。

しかし、事故にあったことで精神的な不安を感じてしまったり、キズが残った場合などの肉体的な損害についても慰謝料として請求できることは、意外と知らない人も多いです。

慰謝料とは、精神的・肉体的な損害であり、具体的にいくらの損害になるかを計算することは難しい問題です。しっかりと被った損害を賠償してもらうためにも、交通事故相談などを利用して、弁護士からアドバイスをもらうようにしましょう。
素人の考えでは抜けているところも多くあるので、交通事故相談で心配になったら、弁護士に連絡しましょう。公共の交通事故相談会を利用してもいいと思います。

関連

自分の身を守るために知っておきたい交通事故相談について

近年、高齢者による交通事故や通学時の自転車事故が多発していることを耳にすることが増えています。特に、メディアでも取り上げられることが増えている自転車事故では、多額の慰謝料を請求される事例もあるようです。

このように不運な事故にあった場合には、自分や家族の身を守ることが必要です。そのためには、交通事故相談を利用することが必要です。ここでは、保険金や賠償金の相談に加え、示談斡旋など、事故処理に必要なことについて相談にのってもらえます。事故にあった場合には、自分の力で何とかしようとするのではなく、早い段階での交通事故相談の利用が、早期解決のカギとなるのではないでしょうか。

交通事故相談で問題を解決する

もしも交通事故で大きな損害を受けてしまい、慰謝料を請求する立場になってしまったら、どこに相談してどのような手続きを踏んだらいいのでしょう。これは、いつ出遭うか予想もつかないことですが、知っておくと便利です。

交通事故相談が適している機関には、代表的なものとして、弁護士事務所と財団法人として弁護士が運営する相談センターがあります。弁護士を活用する場合は、相手側と自分の仲介役として、過去の事例などを元に賠償金を含む慰謝料の手続きや交渉を任せることが可能になります。相談センターでは、損害賠償などの金額査定や相手への交渉と請求方法などを無料で相談でき、場合によっては示談のサポートを依頼できます。

交通事故弁護士に相談する利点

交通事故に注力を注いでいる弁護士を交通事故弁護士といい、豊富な専門知識で事態を速やかに解決へと導いてもらえます。交通事故の慰謝料については、保険会社に相談をする方も多いと思います。

しかし、弁護士法によって、貰い事故の慰謝料請求など、一部の交渉について制限が課せられています。そのうえ、保険会社も営利企業ですから、補償額を双方ともに少なく見積もりたいと考えていることがほとんどです。そこで、交通事故弁護士に相談することが重要になります。過去の裁判所の判断などを踏まえて、適切な額を提示してもらうことが可能です。

交通事故弁護士に相談する時期と方法について

交通事故弁護士に依頼する時期は、一般的に治療終了直後だと言われています。治療期間や後遺障害などが確定してから示談金について話すのが一般的というのが理由です。ただし、示談後に弁護士に相談するのは絶対に避けるべきです。

また、重症事故などの場合は事故直後から交通事故弁護士と相談した方が、今後の加害者への対応を含めて適切なアドバイスを受けることもできます。さらに、無料相談を行なってくれる専門の弁護士もいます。適宜上手に利用すれば、弁護士費用を抑えながら加害者との交渉をより優位に進めることも可能となります。

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について