交通事故相談

交通事故を起こせば、加害者は被害者に対して損害賠償や慰謝料の支払いをする法的義務を負います。これは、民法709条の不法行為責任に基づきます。ただし、交通事故が起きたといっても、被害者にも過失がある場合があります。その場合、過失割合に応じた額の賠償をすればよいことになります。
この過失割合は、裁判になった場合に裁判所が判断します。そのため、示談や和解においては判断されることはありません。しかし
大まかな相場はありますので、これを知っておくことは交渉過程において役に立ちます。そのため、これについて知りたいのであれば、弁護士に交通事故相談をすることをお勧めします。