交通事故相談

交通事故を起こせば、加害者は被害者に対して損害賠償や慰謝料の支払いをする法的義務を負います。これは、民法709条の不法行為責任に基づきます。ただし、交通事故が起きたといっても、被害者にも過失がある場合があります。その場合、過失割合に応じた額の賠償をすればよいことになります。

この過失割合は、裁判になった場合に裁判所が判断します。そのため、示談や和解においては判断されることはありません。しかし
大まかな相場はありますので、これを知っておくことは交渉過程において役に立ちます。そのため、これについて知りたいのであれば、弁護士に交通事故相談をすることをお勧めします。

関連

貯金額を交通事故相談で伝える

貯金額を伝えておくと、交通事故相談で慰謝料として支払える金額について考えやすいです。事例によっては、多額の慰謝料が必要になります。大半は自動車保険を使うことができますので、保険に加入している人は支払額が抑えられますが、一部は貯金額などから支払いを行っていく形になります。

交通事故相談を行う場合は、貯金額から出しても問題のない金額について相談し、弁護士から回答を得ることが望ましいです。弁護士としても、支払いのできる金額から賠償金として使える金銭を計算して、満足できる金額を事故にあった人に伝えています。

交通事故弁護士の相談は敷居が高い

交通事故弁護士に相談したくても、普段あまり弁護士と関わらないので敷居が高く感じがちです。しかし、事故を起こしてから弁護士について調べていては、時間が無いので予め費用などを調べておいたほうが良いでしょう。

最近は無料相談窓口を置く弁護士事務所も多いですし、相談料や着手金などは無料のところも多いです。ネットなどでも調べられるので、一度自分簿家の近くなどを確認しておくことが大事だと思います。保険会社の対応が悪かった時などに必ず力になってくれると思います。しっかり調べてトラブルをできる限り回避したいものです。

交通事故相談の内容や方法について

不幸にも交通事故に遭ってしまい、事故相手の保険会社との示談の仕方、賠償額の請求方法、保険金の請求方法などの分からないことを交通事故相談できる機関があります。例えば、お住まいの都道府県で相談窓口を設けているケースや交通安全協会などを通じて弁護士に無料相談することもできます。

受けた被害に対する慰謝料がどの位請求できるのか、事情をヒアリングした上で予め損害額をシュミレーションしてもらうこともできます。こうした施設や専門とする弁護士は多くの事例を取り扱っていますので、知識や経験を踏まえ的確なアドバイスを受けることができるので不安を感じる場合には交通事故相談を利用してみることをお勧めします。

交通事故相談で過去の事例をチェック

どれだけ気を付けていたとしても交通事故に遭ってしまう可能性はなくなりません。交通事故の被害者になってしまった場合、相手に慰謝料を請求するかと思いますが、自分だけで交渉をするのはやめましょう。

まずは交通事故相談を法律事務所に行い、どのような交通事故だったのか話をすることが大切です。その後交通事故弁護士などと一緒に加害者から慰謝料を請求するのですが、その際に金額の参考にするのが過去の事例です。似たようなケースの交通事故でどれくらい請求できたのか知っておくことで、相手も金額に納得してくれやすくなるのです。

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について