人身事故を起こした場合の交通事故相談

交通事故には大きく分けて物損事故と人身事故があります。物損事故の場合は、破損させた物に対する損害賠償が発生するのみですが、人身事故の場合は、怪我もしくは死亡させた人に対する治療費や遺失利益の補償、および本人もしくは遺族への精神的苦痛に対する慰謝料の支払いが発生します。加害者側からも被害者側からも交通事故相談で持ち込まれることの多いケースです。
加害者が自動車保険に加入していた場合は、保険会社を通じて被害者側との示談交渉となります。補償額が対人無制限の場合は全額を保険でカバーできますが、過失割合の認定で意見が合わずにトラブルになることも多いものです。
信頼できる弁護士をたてるなどして、問題の解決にしっかりと向き合いましょう。