人身事故を起こした場合の交通事故相談

交通事故には大きく分けて物損事故と人身事故があります。物損事故の場合は、破損させた物に対する損害賠償が発生するのみですが、人身事故の場合は、怪我もしくは死亡させた人に対する治療費や遺失利益の補償、および本人もしくは遺族への精神的苦痛に対する慰謝料の支払いが発生します。加害者側からも被害者側からも交通事故相談で持ち込まれることの多いケースです。

加害者が自動車保険に加入していた場合は、保険会社を通じて被害者側との示談交渉となります。補償額が対人無制限の場合は全額を保険でカバーできますが、過失割合の認定で意見が合わずにトラブルになることも多いものです。
信頼できる弁護士をたてるなどして、問題の解決にしっかりと向き合いましょう。

関連

知らないと損?むちうち慰謝料相場

自動交通事故に遭い、むちうちを患った経験はありますか。むちうちは自動車の追突事故や衝突事故など、強い衝撃を受けたことにより、首へダメージがかかり、身体へさまざまな影響が出る症状のことをいいます。

自賠責頬兼や任意保険の慰謝料は、むちうちに対して後遺障害が認められず、納得できないケースがあります。むちうち慰謝料相場を知らずに、相手の提案をそのまま受け入れてしまっては損をしてしまいます。そんな時は、交通事故弁護士に相談をするのが一番安心です。むちうち後遺症の等級認定を認めさせるのは自力では難しいですし、慰謝料は弁護士基準で計算すると貰える金額が全く違います。

むちうち慰謝料相場は弁護士基準が一番高い

事故でむちうちになったとき、受け取れる慰謝料の種類には、障害が残ってしまったときの後遺障害慰謝料と、治療に関わる入通院慰謝料とがあります。その金額を計算する基準も複数あります。むちうち慰謝料相場で言えば、弁護士基準が一番高いようです。

交通事故の被害に遭うと、後日にむちうちの症状が出てくるケースがありますが、事故後すぐに病院に行かないと慰謝料を請求できない場合があります。自覚症状がなくても、まず病院に行くことを忘れないでおく必要があります。慰謝料の請求に関しては交通事故事件に詳しい交通事故弁護士がいますので、相談も兼ねてプロに任せる方がスムーズに話が進むといえるでしょう。

交通事故相談をする弁護士の選び方について

交通事故の示談交渉が難航して、自分だけではどうにもならなくなった時、出来るだけ高い 慰謝料 を手にしたい時は、交通事故相談 を弁護士にするのがおすすめです。弁護士に依頼する時は、まず、自分が通いやすい位置に法律事務所があることが大切です。

何度も足を運ぶ必要がある場合も多いため、通う負担は少ない方がいいでしょう。また、交通事故に強い等のネットのバナー広告だけを鵜呑みにせず、実際にホームページに目を通し、自分の事故とよく似た事例を取り扱い、納得のいく形で解決しているかを見ると良いでしょう。最終的にはネットの情報だけで決定せず、無料相談等を利用し、実際に弁護士に会い、信頼できるか見て決めましょう。

交通事故相談で不安解消

交通事故が発生するとどうしても避けることができないのが交渉です。自分が怪我をした場合には特に慰謝料を少しでも多くもらいたいというのは当然かと思います。しかしながら自分で契約した保険会社にしてもなかなか被害者だった場合のこちらの立場にたって交渉してくれることが少なく、業務的に保険会社同士で物事を進めることが多いです。

そんなときには交通事故相談を行なっている第三の機関に依頼してみてはいかがでしょうか。法律事務所などもこういった業務を行っており、過去の事例等を参考に交渉を進めてもらえます。当然費用はかかるものの、それでも自分の慰謝料をこれだけ支払ってもらえたとなれば安心できます。

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について