慰謝料で損をしないためにも、交通事故相談は必要です

交通事故にあってしまった際に相手側から支払われる慰謝料の額で、みすみす損をしてしまっている人が少なくありません。
慰謝料の支払い基準は単一ではなく、複数の基準があります。そのため当事者同士の交渉で支払われる額よりも、多くの金額を受取ることができる場合があります。

そのため交通事故相談をすることで、支払い基準が変わり、より多くの金銭を支払ってもらうことができるようになる場合がほとんどです。
そのため慰謝料で損をしてしまわないようにするためにも、法律の専門家に交通事故相談をすることは、ぜひとも必要なことといえるでしょう。

むちうち慰謝料相場に関すること

むちうち慰謝料相場事故などにあわれてケガをすることが多いでしょう。主に首や胸や腰など座った体勢から判断されるケガの箇所によくある、むちうち慰謝料の相場に関して、ケガの程度や事故にあわれた本人がどのくらいのケガをしてまっていて、何回ほど病院に通ったなどで変わってきます。

1日の保証にあわせて何回の通院をしたのか、その合わせた合計が基本的なむちうちなどによる慰謝料の計算になってきますが、交通事故弁護士などに相談して、事故の内容からどの程度の事故だったのかによっても慰謝料の金額が変わってくる可能性もあります。基本的に1日の保証と通院回数などが影響します。

むちうち慰謝料相場に納得がいかない場合

むちうちは事故直後に症状が表れないことも多いため、患っている本人も気付かず病院に行くのが遅くなってしまうというケースもしばしばあるようです。そんなむちうち慰謝料相場は、骨折や打撲といった傍目にも明らかな症状に比べ、比較的低めに設定される傾向にあるようです。保険会社や自賠責保険で提示された額が不十分だと感じるなら、交通事故弁護士に相談しましょう。

通院もしくは入院日数をもとに計算するため、治療が一段落してから慰謝料額を決めるという流れが一般的ですが、治療が長期化しそうなときや、後遺障害認定を取得できそうなのであれば、完治を待たずに早めに相談しておいた方が、後々の手続きもスムーズに進められます。

交通事故相談における慰謝料の算定について

交通事故相談で多いのは慰謝料をいくら請求できるかです。この金額の算定方法が保険会社と弁護士で異なって出てくるため、どの基準で判断するのかが難しいところです。しかし、大体の場合は保険会社が算定した方法で払われることになります。

何故なら弁護士の算定方法は一般的な事例に基づく算定基準で出しているのに対し、保険会社は交通事故の蓄積された事例に基づいて算定して慰謝料を出しているため、裁判になっても裁判例に即した額とみなされるためです。もちろん交通事故を専門に扱う弁護士に依頼していれば弁護士の算定にも信憑性がありますが、出てくる額は保険会社が算定した額に近いものとなるはずです。

バイク交通事故相談被害者の立場

バイクの交通事故相談で多い慰謝料の相場は事例によって変わってきますが、大抵30万から60万円が最初の提示額になっています。ただお金の話しに至るまでに、相当の時間がかかります。入院された場合、入院手術費用プラス実際にかかった費用の算出、事故により壊れた車両等の物損被害の算出、着ていた服、靴などまで細かく算出を保険会社が求める方法で被害者側が行わなくてはならず、傷も癒えないうちに警察、病院などから必要書類を集めなくてはなりません。

被害者が休業しなくてはならない場合は、休業保障など必要書類を会社に出してもらわねばならず、ケガが症状固定と医者から言われない限り慰謝料の請求はできないからです。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  むちうち慰謝料の相場に関して  交通事故の保険  交通事故慰謝料・賠償金  むちうち慰謝料相場について  交通事故の相談について  交通事故弁護士について