月別アーカイブ: 2016年4月

交通事故に遭ったら弁護士に交通事故相談がお勧め!

交通事故の被害に遭ったときには示談金(治療費、慰謝料など)を支払ってもらうために加害者の保険会社と示談交渉を行なうことになりますが、ほとんどの人は交通事故や法律の知識に乏しいので、保険会社の提示する示談金の額で合意してしまいます。

しかし、実際には交通事故に精通した専門家が交渉の場に立てば、保険会社の提示する額にさらに上乗せした示談金を支払ってもらうことも可能なのです。

最近では、無料で交通事故相談を受け付けている弁護士事務所も増えています。こうしたところではこれまで多数の交通事故の示談交渉を成功させてきた実績豊富な弁護士が丁寧に対応してくれます。着手金0円、成功報酬のみで示談交渉の依頼に応じている事務所もあるので、事故に遭ったときにはすぐに相談してみることをお勧めします。

交通事故相談によるメリットについて

交通事故相談を行うことによって精神的な負担を軽減できるだけでなく慰謝料が増額になる事例があります。保険会社から提示される金額に不満があったり、まだ痛みが残るのに保険会社から治療費打ち切りの打診がある、といった場合、知識がないとそのまま要求を呑まざるを得ないと考えがちですが、弁護士が代わりに示談交渉を行うことによって、支払い項目の追加や増額といったことが可能になるケースが多くあります。

例えば、働いていなくても主婦で家事に支障が出た場合には主婦休業損害を請求できるケースや、実際にかかる治療費以外にも入通院慰謝料を追加請求できることもあります。このように交通事故相談を利用してみるのも良いでしょう。

正当な慰謝料額請求のため交通事故弁護士に相談

交通事故慰謝料には2種類あります。ひとつは後遺障害慰謝料で、交通事故によって被った傷害の後遺症が後遺障害として認定された場合、それによる苦痛や外見的な損害に伴う精神的苦痛、生活への影響による苦痛に対して精神的損害の賠償となるものです。

もうひとつは入通院慰謝料で、交通事故で入院したり、退院後も通院をせざるを得ない場合に、被害者が被った肉体的・精神的な損害を賠償するものです。退院後も検査やリハビリなどで、長時間の治療を必要とする場合がありますが、こういった場合も入通院慰謝料の範囲となります。この2種類を理解して正当な金額の慰謝料を請求するために、交通事故弁護士に相談しましょう。

交通事故弁護士への慰謝料相談

交通事故で被害を被った場合はもちろん、自分が加害者となってしまった時にも交通事故弁護士へ相談が出来ます。怪我をさせてしまった場合でも、きちんと自分の意見を主張して正当な支払額に決定することが出来ます。

信号無視や飛び出しなど相手にも過失が認められる場合もありますので、出来る限り速やかに連絡して対応してもらうのがベターです。当事者間の示談交渉代行はもちろん、第三者を巻き込んでしまった場合についても相談が出来ます。任意保険が対応出来ないケースもありますので、いざというときに頼れる交通事故弁護士を探しておくことが大切です。

事故に遭ったら交通事故弁護士に相談しよう

事故に遭ってしまったとき、交通事故弁護士に相談することで得られるメリットはたくさんあります。まず1番助かるのは、相手方とのやり取りから解放されるところです。自分ではよく分からないことが多く、やり取りすることに不安を感じる方もたくさんいます。

そのほかにも、個人で相手方保険会社と交渉するよりも賠償額が増額したり、法的な主張で相手方に対抗できる場合もあります。交通事故弁護士に相談する際には、交通事故に強い法律事務所を見分けて探すのがポイントです。突然事故に遭遇してしまって焦ってしまうかと思いますが、まずは落ち着いて、専門家へ相談してみることをおすすめします。

弁護士に依頼をして交通事故慰謝料をもらったら

交通事故に遭うと、加害者にたいして損害賠償を請求できます。この損害賠償には、治療費や入院費、車の修理費、休業損害、そして精神的な損害である慰謝料を請求することができます。この損害賠償としてもらったお金に税金がかかるのかということを気にする人がいますが、収入ではないために所得税や贈与税などはかかりません。

交通事故慰謝料については、常識的に考えられる金額をはるかに超えている場合には贈与とみなされて贈与税がかかることがあります。しかし、弁護士に依頼をして慰謝料の金額が決まったのならその心配はないでしょう。結論として、税金がかかることはありません。

交通事故慰謝料を少しでも早く弁護士へ相談

すでに交通事故が発生し、慰謝料の話し合いもかなり進んでしまってからの段階で弁護士に相談するよりも、少しでも早い段階の方が好ましいでしょう。

交通事故慰謝料が決定して書類にサインをしたり、正式に同意してしまうと、そこから交通事故慰謝料の金額や内容を変更するのはやはり難しくなる可能性は高くなります。できればそうなってしまう前に少しでも納得のいく慰謝料になるよう交渉したいですね。

交通事故では少しでも早く弁護士に相談するため、治療を受けながら弁護士事務所を探す人もいる様です。怪我の状況やいい法律家を探すのに時間がかかるという事も考えられますが、できれば交通事故が発生してから数年以内には相談する様にしたいですね。

直後であれば警察への状況説明なども手伝ってくれるそうです。

もし、後遺症が残ってしまい法律事務所に出向くことが難しい状況であれば、弁護士が出向いてくれる出張訪問相談サービスを利用してみても良いかもしれません。これなら交通事故慰謝料相談に行くのが難しいとあきらめていた人でも、早めの相談が可能ですね。