Monthly Archives: 6月 2016

交通事故弁護士への相談を必要としない場合

常に交通事故弁護士への相談を必要とする事故ばかりではありません。

中には交通事故相談の必要がない場合も含まれます。

具体的に説明すると、まず小さい交通事故であり、それほど怪我を負っていない場合が考えられます。

また、交通事故の話合いが自分達だけで問題なく終わり、相手の言い分にすんなりと納得する事ができた場合が考えられます。その場合には交通事故弁護士に相談する必要がありませんので、警察と保険会社に連絡するだけで、問題を解決へと導く事ができるでしょう。

自分が必要だと判断した場合や相手が弁護士に相談している場合には、自分も交通事故弁護士を探した方がベターかと思われます。状況により判断したいですね。

交通事故弁護士に裁判の相談をするメリット

交通事故に関するトラブルが裁判に発展すると、法廷で自分の権利を主張したいかなくてはなりません。本人訴訟も可能ではありますが、不適切な訴訟行為により、権利が認められないという恐れも生じます。裁判所は釈明権を行使してくれることもありますが、基本的には弁論主義が妥当するため、限界があります。

そこで、自分の権利が消滅しないためにも、交通事故で問題があれば、交通事故弁護士に相談しましょう。

実務をよく知っている交通事故弁護士であれば、適切な助言をしてくれますし、訴訟でも代理人として力を発揮してくれます。そうでなくても、示談で対応してもらうことも可能です。